ラクラク突破 ストーリーで頭に入る日商簿記3級合格一直線

book_rakuraku1
本書は、前著『ストーリーで頭に入る 日商簿記3級超入門』の続編です。
前著では、全くの初心者が日商簿記4級の合格に必要な知識を学び、さらに毎年30 万人以上が受験する大規模な資格「日商簿記3級」の予習となるように、マンガのストーリーを楽しみながら読み進められる工夫を凝らしました。
これを受けて、本書では、より本格的に「日商簿記3級」の合格に必要な基礎知識をふんだんに盛り込んでいます。

日商簿記検定3級で出題される内容は、世間での「簡単な資格」というイメージとはうらはらに、かなりバリエーションに富んでいて、いざ取り組んでみると、半分近くの人が挫折したりしています。意外に侮れないのですね。

3級の学習内容の例を申し上げますと、商品売買、期末の在庫、約束手形の振出、
為替手形の振出や引受、小切手の振出と受取、当座預金、仮払金、現金過不足、売掛金や買掛金、手付金の扱い、発送費用のパターン別の処理、源泉所得税や社会保険料の会計処理、固定資産の取得や減価償却、不良債権の会計処理、資本金の取り扱い、試算表の作成…。

…いかがですか?日商簿記3級では、これらの項目を「あたりまえのこと」として、普通に取り上げ、淡々と帳簿に記入していくのです。ビジネスのあらゆる場面に「お金のやり取り」がからみますから、必然的に、ほとんどのビジネス・シーンに簿記がかかわっている、ということがおわかりになることでしょう。

言い換えれば、簿記を一通り理解するということは、「ビジネス全般を理解する」ことに等しいのですね。

前作に引き続き、ルカスイ-ツというケーキ屋を経営する主人公の八寄(はちより)ルカと、その成長をあたたかく(?)見守るイタリア人幽霊のパッチ―が繰り広げるドタバタ劇をお楽しみいただきながら、日商簿記3級の受験に必要な簿記知識のエッセンスを、本書のあちこちに盛り込みました。

類書にはない形で、簿記の教科書と現実の商売を橋渡しする「簿記マンガテキスト」として、ご愛用いただければ嬉しいです。

この本を2、3回通読していただいたあとに、日商簿記3級対策用の問題集などに取り組んでいただければ、試験合格は十分に可能です。

さあ! それでは一緒にルカスイーツに行ってみましょう!!

本書で学べること

第1幕 現金預金――小切手をもらったんだけど…
第2幕 商品売買――パーティーのお手伝いをしま~す!
第3幕 手形取引――ある夜、八寄家で大変なことが!
第4幕 有価証券・固定資産・その他――買った株が2倍になったの
第5幕 貸し倒れ・経過勘定――トラブル続出よー!
第6幕 帳簿の書き方、伝票会計――どんぶり勘定はやめましょう
第7幕 決算の概要と決算整理――さあ、2度目の決算よ!
第8幕 決算振替と財務諸表、精算表――ついに好男先輩とデート!?