2008年2月の第118回日商簿記対策講座、2008年6月の第119回日商簿記2級に合格された
「O様」より、合格体験記をいただきましたのでご紹介します。





O様、連続合格おめでとうございます!
O様は、柴山式簿記で1級も勉強中です。
この調子で1級も楽しんで学習を進めていただきたいと思います。
柴山式簿記学習法はこちら
→ 簿記1級対策
→ 簿記2級対策
→ 簿記3級対策

日商簿記検定2,3級合格体験記 O様 / 無職

【合格回】 第118,119回 
【点 数】 3級84点、2級84点
【勉強期間】3級1.5か月、2級2か月 
【1日平均】3級2、2級2.5時間

心がけていたこと

学習に躓いても「もうダメだ」とか「今回は落ちるかも・・・」とは絶対に思わないようにしました。頭の中で常に“合格した自分”をイメージしていました。
(色々な本に「目標を設定する際は期限を明確にした上でそれを紙に書くことが大切」とあったので、「2008年6月8日簿記2級合格!!」と貼り紙をして、モチベーション維持&サボリ防止に努めました)

柴山式簿記講義を選んだ理由

昨年、柴山先生と山田真哉先生の対談を聞いて、「会計の正解って面白そう。数字は昔から苦手だったけど、もしかしてやれば出来るのかも!」という気持ちになったからです。
そのときDVD講座が開講されることを知り、それならば、と申し込みを決意しました。

柴山式簿記講義を受講した感想

とにかく柴山先生の熱意あふれる講義が楽しかったです。ところどころ挟まれるギャグに何度も笑ってしまいました。「勉強=苦痛・忍耐」ではなく、終始楽しめたことが合格に繋がったのだと思います。始めは説明を聞いても理解できないことが多かったのですが、「今はなんとなーく分かっていればOKですからね」という言葉に励まされ、コツコツくり返していくうちに点と点が線になり、一気に理解した瞬間を味わうことが出来ました!
また、“柴山式総勘定元帳”はスグレモノです!!

今後受験する方へのメッセージ

柴山先生のアドバイス通りに学習すれば必ず合格できると思いますので、「会計に興味はあるんだけど・・・」と思いつつも学習開始を躊躇われている方は是非一歩踏み出されることをオススメします。余談ですが、私は簿記を学習した今、ようやく、日経新聞を読むのは楽しくなってきました。(以前は苦痛でした・・・)

その他ございましたら、ご自由にお書きください。

あきらめずにくり返し学習(DVD&テキスト、過去問、試験対策演習問題)したお蔭で、落ち着いて本試験に臨むことが出来ました。合格できて本当に嬉しいです!
柴山先生、スタッフの皆様、ありがとうございました!!

【人気記事】
社会人が4ヶ月で簿記検定1級に合格した通信講座とは?
毎日更新!Youtube 簿記会計を楽しく学べる「柴チャンネル」
【無料動画講座】簿記2級短期合格勉強法
【第152回日商簿記検定試験1級・2級・3級解答速報はこちら】