簿記1級

決算書は、貸借対照表・損益計算書・キャッシュフロー計算書の3つが基本ですね。
これらは、「決算三表」とも呼ばれています。

今回は、上記決算三表の中でも、損益計算書に関する基礎知識です。

損益計算書は、売上高を一番上に記載し、そこから下の費用項目を引いたり、売上高以外の収益(儲け)を足したりして、だんだんと下に向かって利益を計算していく表です。

損益計算書の記載例

          損益計算書  (単位:億円)
     ―――――――――――――――――――
     売  上  高      100
     売 上 原 価       64(-)
                  ―――
       売上総利益       36 ←(粗利、付加価値)
     販売費および一般管理費   30(-) 
                  ―――
        営業利益        6 ←(本業の成果)
          :         :

上記の記載例で、一番上の「売上高」は、もちろん顧客に引き渡した商品の「販売高」ですね(100億円)。

つぎに、顧客に引き渡した商品の仕入値段、つまり仕入原価が記載されます(64億円)。

「売上」げた商品の「(仕入)原価」という意味で、「売上原価」と呼ばれています。

売上高から売上原価を引くと、その商品の粗利が出ます。
これを、「売上総利益」といいます。

まあ、その商品の原価に付加された価値、ということもできます。
…ここまではよろしいでしょうか。

つぎに、商品の粗利から、従業員の給料とか、広告宣伝費とか、交際費とか、水道光熱費などの、いわゆる「必要経費」をさしひくと、「営業利益」という、本業に関する活動から得られる成果としての利益が計算できます。

※ちなみに、営業活動に必要な経費のことを、「販売費及び一般管理費」 といいます。ご参考まで。

上記の例では、商品の仕入原価に付加された粗利36億円から、必要経費である30億円をさらに控除し、6億円という営業利益が求められましたね。

なお、営業利益の額6億円を売上高100億円で割ると、その割合は6%となります。

これを、売上高営業利益率といい、会社の本業における収益力をもっともストレートに表示する、非常に重要な財務分析指標となります。

しっかりと、計算の仕方を覚えておきましょう。
ご参考までに、平均的な企業の営業利益は、だいたい4~5%くらいですね。

いつも2%以下だと、業種の特殊性を抜きに考えれば、やや危ない兆候です。

反対に、8%を超えたら、なかなか優秀な会社です。
会社の判断材料として、ご活用ください。

このように、営業利益というのは、その会社の本業における実力をはっきりと映し出すので、入門の人でも非常にわかりやすい便利な財務指標です。

ぜひぜひ、ご興味のある会社の営業利益をチェックしてみてください!

【人気記事】
社会人が4ヶ月で簿記検定1級に合格した通信講座とは?
毎日更新!Youtube 簿記会計を楽しく学べる「柴チャンネル」
【無料動画講座】簿記2級短期合格勉強法
【第152回日商簿記検定試験1級・2級・3級解答速報はこちら】