2007年1月8日の日経1面です。

金融庁が、2008年度にも国内の上場企業などに対し、監査法人に支払った監査報酬の額を有価証券報告書(証券取引法で開示が強制されている決算報告資料)に明記するよう義務付ける方針を固めたようです。

不正に対する監査法人のチェックが厳しくなることを期待した措置ですね。
そういえば、今から20年近く前の会計士受験生のころ、いろいろな監査法人の募集案内を見ていましたが、だいたい、新人の会計士の初任給は、当時で年間400万円~500万円といったところだったように記憶しています。
年間の就業時間を2000時間(250日×8時間)とすると、だいたいの時給は2000円~2500円くらい
でしょうか。
1日8時間×2500円と仮定するならば、日給2万円くらいという勘定になるかもしれません。
もちろん、このほかに社会保険料も一部負担してもらっていますから、人件費というくくりなら、もうすこしコストがあがる気もしますが。

ともあれ、新人で1日2万円のコストとするなら、ベテランでその2~3倍と考えれば、おおざっぱではありますが、監査報酬の想定値が推算できます。

仮に会計士1人当たり3万円の人件費なら、他の原価を無視して労働分配率を50%とするならば、倍の6万円を1日あたりのフィーとしてチャージしないと、監査法人としての運営は難しくなるかもしれません。
新人、ベテランおりまぜて、会計士1人当たりのコストを平均5万円とすると、1日の監査フィーは会計士1人あたり10万円くらいになるかもしれません。
まあ、先ほどの6万円と10万円のあいだをとって、これもざっくり8万円くらいとすると、5人くらいの会計士が決算期に10日程度の日程で監査に来たら、あくまで推定ですが、延べ監査時間400時間くらいで8万円×5人×10日=400万円程度にはなるのでしょうか。

●400時間=5人×8時間×10日

今気付きましたが、この計算だと、「監査人一人あたり、一時間の監査フィーが1万円」という推定になっていますね。

この数字がどの程度実態を表しているかどうかわかりませんが、「監査報酬の額」と「監査時間」の間に、それなりに相関関係があるとしたら、面白いですね。

(注)上記の数字は、柴山の想像による推測ですから、実際の監査報酬の算定プロセスとは異なることもあります。あくまで、一つの説例ないし仮定計算としてご理解ください。

【人気記事】
社会人が4ヶ月で簿記検定1級に合格した通信講座とは?
毎日更新!Youtube 簿記会計を楽しく学べる「柴チャンネル」
【無料動画講座】簿記2級短期合格勉強法
【第152回日商簿記検定試験1級・2級・3級解答速報はこちら】