忍耐力は、志の大きさに比例する

2015年03月21日

前を向いて歩こう、今回は「忍耐力は、志の大きさに比例する」というテーマでお話をしてみたいと思います。

現在、私は通信講座で日商簿記検定1級、2級、3級を教えています。

あと、コーチングという形で個別の指導も一部しております。
日商簿記検定1級というのは専門的な資格なので、その先に税理士、公認会計士などを将来めざして、柴山式簿記講座で学んでいる方もいらっしゃいます。

私も専門学校で会計士講座の指導などもしたことがあるので、会計士の勉強法についても、オプションでコーチングのような形で個別指導をすることもあります。
実際に私のところで会計士をめざしている方や、税理士の簿記論、財務諸表論をめざしている方もいらっしゃいます。
目標が高くなればなるほど、困難のレベルもあがります。
思いどおりにいかないことが増えます。

それは、簿記検定3級より2級、簿記2級より1級、簿記1級より会計士・税理士、あるいは、私はギターをやっていますが、ギターでもそうですし、趣味のレベルからステージに立って人からお金をもらってプロとして弾くレベル、いろいろあります。
みなさんがめざす目標に応じて、レベルが高ければ高いほど、やって来る逆風、困難、逆境のレベルが高いのです。

そうすると、それに打ち勝たなければいけません。
私は会計士の受験指導などもしていて、相談を受けることもありますが、やはりその人のメンタルというのはとても大きいのです。
なので、コーチングというのがあるとまた違うのです。
メンターとも言います。

メンターとは心の先生みたいなものです。

視野が狭くなっていたり、間違っていたときに、導いてくれる人です。
メンターにもなり得るのがコーチングのコーチなのですが、そこでメンタルの面をお話しします。
良くあるパターンですが、志、これを細く小さい、私は志を木の根っこで表現してみました。

また別の動画では、木の根っこというのは、努力で潜在能力という表現もできますが、木の幹と根っこの関係というのは色々な話に応用しやすいので、今回も使います。
まずは、逆風が吹いてきます、ちょっとした風でさえもすぐに倒れそうになってしまう弱いメンタルがあります。

これは状況によりますが、日商簿記検定1級とか会計士のような専門職をめざす場合も、うまくいかないと落ち込みやすくなります。
今の現在地よりもはるかに目標が高いのだから、うまくいかないのが普通です。
野球やギターなど、何にでも言えますが、めざすところが高ければ高いほどガツンとやられるのです。

ガツンとやられたときに、自分が何をやりたいかという目的意識が希薄、根っこの部分が細く小さいと、少々の風ですぐに倒れてしまって、すぐに放棄してしまう。
これは弱い心なのです。
これは志という根っこが小さいからです。

会計士になって何をしたいのか、税理士になってどんなことをしたいか、自分がやりたいこと、目的意識がしっかりと根をおろして、大きいものが、きちんとした大義名分があるか、大義名分と言ってもいいです、あなたの大義名分は何ですか、つまり志です、何のために会計士をめざすのかということをしっかり強く思っているほど根っこはしっかり張っているので、みなさんからみて左側にある、志の根がしっかりと太い、これはモチベーションの源、根源です、モチベーションの根本というのは志の高さです。

「私は絶対に会計士になって、世の中の粉飾決算を正しい方向に導くんだ」とか、「会社の経理を良くするんだ」とか、「日本の経済社会を良くするんだ」とか、「私は税理士になって街の中小企業の社長さんを助けてあげるんだ」という、大きな志をもちます。
「私は簿記1級をもって、会社のなかで財務管理の専門家になりたい」「マネージャーになりたい」など、何でもいいです。
大きな志をもちます。

「私はギターを極めてステージに立ってCDを出したいんだ」など、何でもいいのです。
そのように、強い志をもちましょう。
志が太くて大きいほど、木はしっかりしたものになります。

少々の逆風や困難でもビクともしません。

志という根っこの部分を太く育てるということが大事です。

最初に、自分ななぜこの努力をするのか、夢でも良いのです、絶対にやり遂げたいという強い気持ちで志を常に点検します。
いったん決めた志も、1年2年経つと、初心を忘れて徐々にどうでもよくなってきます。
そうなったら根っこが小さくなります。
最初は太くて大きい志でも、1年2年やっているうちに萎んでしまうことがありますが、萎まないためにコーチやメンターがいるわけです。
根っこを育てて根っこが大きくなればなるほど、少々の逆風、それなりの困難があってもビクともしません。

あなたは強い人間になれます。
強い人というのは、志がしっかりしている、自分の考えをしっかりもっている、自分がやりたいことを、しっかりと、中心をぶらさない、こういった大きな志の根っこをもちましょう。
どんなチャレンジをするときでも大事です。

私は会計の指導をしていますので、経営の指導、財務管理、簿記検定の合格、税理士簿記論・財表、会計士の合格を色々な形でサポートしていますが、それぞれの目標に応じた志をもってください。
太くて大きい志という根っこをもっていれば、あなたは必ず目的が達成できるはずです。
強い気持ちをもちましょう。
そのためにこの動画も日々更新しています。

ぜひ、この動画を見ながら、志という根っこを大きくしてください。
私はいつもあなたを応援しています。
ここまでご覧いただきまして誠にありがとうございました。