以前に受講生様からスタート段階から過去問を解く段階までの初期と中期の基礎力を固める勉強法についてご質問があって、前に答えたことがありましたが、それを参考にしながらお話をしたいと思います。

特に簿記1級の基礎固めをしているときに悩まれる方や不安になる方も多いと思いますので、そういった形でお話をしてみたいと思います。

6ステップありますが、ステップ5ぐらいから過去問を併用します。
では1番目ですが、講義を受けます。
柴山式の場合はDVDまたはオンラインです。

一般的な専門学校の場合は講義が少し多めなので注意してスケジュール調整をしてください。

柴山式の場合は商業簿記・会計学は20時間ぐらいでインプットできます。
このときのポイントは、完璧に理解しようとせずに半分以下の理解で構いません。

完璧に理解しようとするとつらくてイライラする原因ですので、理解は半分以下でも構いません。

わからなくても気にしないでください。
そして、できるだけ早めにミニ例題を解いてください。

柴山式では商業簿記・会計学はミニ例題と呼んでいて、工業簿記は例題と呼んでいますが、同じ例題の括りです。

これをまずは解いてみますが、できなくても気にしないでください。
実際に8割か9割はできないですが、それでも気にしないでください。

「完璧に理解しなければ」という義務教育のときの勉強の考え方を引きずるとストレスが溜まってしまいますが、最初はできなくても良いのです。

なぜかというと、できない問題は5回転ぐらいするからです。
そして例題をざっと最後まで1回転させることが大事です。

必ず最後まで一通り解いて、2回転以降はA・B・Cというランクを付けていきます。
そしてステップ4として、ミニ例題または例題を2回転目として解きます。

2回転して2回ともできないものはBランクまたはCランクです。
2回解いて2回目にできたものはAランクで構いません。

BとCの違いは何かというと、イージーミスをしたりある程度わかっているけれどもできなかったのはBで、全く意味がわからないものがCです。

しかし、ミニ例題を繰り返していくうちに他の論点ができるようになってくるので、実はできない問題であってもランクが上がっていきます。

ステップ4で2回転目解いたときにはA・B・Cのランクを付けてください。
ステップ5ですが、3回転目はB・Cランクのみを解きます。

2回転すると2割ぐらいはAランクなので、8割のB・Cランク、特にBランクを解いてください。

Cランクは後でもいいです。
Bランクを解いていくとAランクになっていきます。

そしてステップ6ですが、4回転5回転ぐらいB・Cランクを解きます。
5回転もすると7割か8割はAランクに近づいてきます。

最低6割はAランクになってくると実感が湧きます。
B・Cを中心にやっていけばどんどんできない問題が減ってきますので、スピードアップします。

やればやるほど回転数が上がってきます。
Cランクのものも7・8回転すればほぼできるようになります。

最終的にはほとんど(できれば全部)Aランクにしてほしいです。
最低でも9割以上はAランクにした状態で本試験に臨んでほしいと思っています。

過去問はどの段階でやるかというと、早くて3回転目の例題を終わった時点でやったほうがいいです。

2回転ぐらい例題をやった後でないと過去問を見ても意味がわからないと思うので、できれば3回転を終わって4回転目あたりで過去問に進むのが目安です。

ただ、急いでいる人は3回転目のはじめから過去問に進んでもいいと思います。
このような形で例題・ミニ例題の回転をペースメーカーとして勉強してみることをお勧めします。

そうすると過去の合格者のように基礎力がしっかりと身に付くと思います。
ぜひ参考になさってください。

私はいつもあなたの日商簿記検定1級合格を心から応援しております。
ここまでご覧頂きまして誠にありがとうございました。

【人気記事】
社会人が4ヶ月で簿記検定1級に合格した通信講座とは?
毎日更新!Youtube 簿記会計を楽しく学べる「柴チャンネル」
【無料動画講座】簿記2級短期合格勉強法