第5週⑤ 第5週のまとめ

2014年07月31日

【キッズ簿記(BOKI)Step2】

今回は第5週のまとめです。

仕入と売上、そして、商品を売る相手が2種類あるなどの知識を学んできました。
そのうち、大事なところだけを取り上げて復習してみましょう。

進行:今日も、もかさん、りょうたくんの2人と一緒に勉強していきます。
それでは、今週勉強したことを順番に確認していきましょう。
1番目は、「お店は商品を売ることで成り立つよ」です。

柴山:キッズベーカリーの商売を通してそれぞれのモノの流れを学びました。
○○屋から材料を仕入れて、それに加工をしてケーキという製品を作って、お客さんに売るという大きな流れがありました。

進行:2番目は、「材料の仕入れと商品の仕入れとの違いは?」です。

柴山:2人ともこれは覚えているでしょうか?
材料の仕入れは、ケイイチくんが○○屋から仕入れるケーキの原料で、商品の仕入れは、喫茶ABCがケイイチくんから仕入れる完成したケーキです。
材料の仕入れの場合は、材料に手を加えて(加工して)物を作ると「製品」になります。
もかさんもりょうたくんも、「製品」と「商品」の違いは今まで知らなかったと思いますが、今回の学習でわかっていただけたと思います。
製品を作るのが「工業」で、完成品をそのまま売ることを「商業」といいます。

進行:3番目は、「仕入れの内容がわかる『納品書』」です。

柴山:納品書というのは、たとえば、○○屋さんがキッズベーカリーに材料を渡したときに、渡した物について、数量や金額などの詳しい内容(内訳)が書いてあるものです。

進行:4番目は、「○○屋からの仕入れを帳簿につけると…?」です。

柴山:材料を仕入れて8,640シバを払った場合、現金が減るから、現金の竹とんぼの右側に8,640と書いて、さらにそれを受けて、仕入れという費用が発生して、仕入の竹とんぼの左側に8,640と書きます。
数字のバトンタッチです。
ここまでで、2人の感想を聞いてみましょう。

もかさん(以下、もかさん):竹とんぼの頭に書く言葉には送り仮名が付かないというのが新鮮でした。

柴山:文章ではなく単語なので、漢字だけで表すのですね。

りょうたくん(以下、りょうたくん):工業と商業の違いがよくわかったので良かったです。

柴山:学校ではなかなか教わらないことですからね。

進行:5番目は、「商品を売る相手には2種類あるよ」です。

柴山:まずは、会社(お店)から別の会社(お店)へ売ることを“BtoB”といいました。
もうひとつは、会社(お店)から個人消費者へ売る“BtoC”という売り方がありました。

進行:6番目、「BtoBの特徴ってなに?」です。

柴山:1回あたりの売上がとても多いので、経営が安定しやすくなります。
そして、たくさん買うので、そのぶんケイイチくんから喫茶ABCにケーキを売り渡す値段(卸価格)が少し安くなります。
今回は、単価300シバのケーキを「7掛け」の210シバで喫茶ABCに売りました。

進行:7番目は、「喫茶ABCへの売上げを帳簿につけると…?」です。

柴山:売上の竹とんぼは右側に10,500と書きますが、これは売上が初めて出るときが右側なので、右がプラスと考えてもらえれば良いです。
そして、その数字を受け取る形で、現金の左側に10,500を書きます。
あくまで現金が主役で、現金の左がプラスとなります。

進行:ここまでの感想を聞かせてください。

もかさん:竹とんぼの頭が「売上」と「資本金」と「借入金」のときには、プラスとマイナスが逆になることが今回の学習でわかりました。

柴山:その3つさえ覚えてしまえば、残りは左がプラスだと思ってもらえれば良いです。

りょうたくん:“BtoB”とか“BtoC”という言葉が格好いいなと思いました。

柴山:小学生で“BtoB”とか“BtoC”なんて知っているのはりょうたくんぐらいですよ。

進行:8番目は、「『収益』ってなに?」です。

柴山:お金が増える原因のことを「収益」といいます。
商品やサービスを提供して、売上などが発生することによって現金が増えます。
「収益」の反対は「費用」です。

進行:9番目は、「右側が『プラス』になる竹とんぼの仲間」についてです。

柴山:これは覚えてしまってもOKです。
借入金、資本金、売上の3つは右がプラスになります。
何となくマイナスのイメージで、借入金は将来お金を返すことで減って、資本金はケイイチくんの持分で、売上は商品を提供しているから何となく右側からマイナスというイメージを持ってください。
この3つさえわかれば、あとはだいたい左側がプラスだと思っていただければ大丈夫です。

進行:今回は難関を超えたような気がしますが、1週間学習してみてどうでしたか?

もかさん:ステップ2に入って、商品を売るのかなと思ったのに、まだ売るところまでいかなかったので、いつになったら売るのかなと思いました(笑)

進行:商売は大変ですよね。
りょうたくんはどうでしたか?

りょうたくん:5週目でこれだけ難しいのに、これから先が耐えられるかどうかわかりません(笑)

柴山:わかるようになるから、大丈夫ですよ。

進行:では、次回の内容をお願いします。

柴山:第6週は、いよいよ開店してケーキを売りまくります。
みなさん、楽しみにしてください。