今回のお勧め本は、PHPから出ている「マンガ 経営戦略全史・確立編」という本です。
20世紀の伝統的な経営理論をマンガで体系的に書かれていて、経営戦略を伝統的なものとして学ぶには非常に役立ちます。

後半の本もありますが、まず原点はこの確立編の経営戦略全史だと思います。
私が読んでいて懐かしいと思ったのは、公認会計士のときに習ったことがたくさん出てきます。

たとえば経営学ではおなじみのテイラーの科学的管理法や、メイヨーの人間関係論、アンゾフのマトリクスなどです。

アンゾフのマトリクスなどは今の中小企業の経営コンサルタントもよく使うマトリクスで、私自身も使っています。

これを1冊読むだけでも経営学のオリジナルの基本がほぼわかります。
公認会計士の経営学入門として使ってもいいのではないかと私は思います。

マンガでありながら、それぐらいよくまとまっている本になっています。
また読み返していて、面白い本だと改めて思っています。

経営戦略のアウトラインを学ぶには最適な入門書ですので、よかったら手に取ってみてください。

私はいつもあなたの成功・スキルアップを心から応援しています。
ここまでご覧頂きまして誠にありがとうございました

【人気記事】
社会人が4ヶ月で簿記検定1級に合格した通信講座とは?
毎日更新!Youtube 簿記会計を楽しく学べる「柴チャンネル」
【無料動画講座】簿記2級短期合格勉強法
【第152回日商簿記検定試験1級・2級・3級解答速報はこちら】