賞与は、年に2回、6月と12月に支払われるのが通例ですね。
景気のいいときには、これにくわえて2月くらいに決算賞与を各従業員に支払うことがあります。
このボーナス、一般には「現金預金で実際に支払ったとき」に、費用計上するものですね。

しかし、仮に賞与の対象期間が決算つきをまたがる時には、会計理論上の調整が必要となるのです。
この賞与の決算調整は、実は経理の立場では非常に大きな問題です。
1人あたり1回30万円と低めに見積もっても、10人で300万円、100人で3000万円もの経費計上額ですから、それを翌期の支払った月に費用とするか、当期に前倒しで費用とするか、は業績表示の面で大きな印象の違いをもたらすのです。
だいたいにおいて、従業員100人ならば年商が20億円~50億円くらいが想定されますが、20億円の売上なら税引き前の当期純利益を3%として6千万円くらいですから、賞与の額3千万円くらいを未払いとして当期の3月決算で計上するか、当期は費用とせずに翌年度の6月の支払時に経費とするか、で利益が3000万円変わってきます。

今回は、この未払いの経費についてお話します。
「未払費用」という会計項目があります。
この未払費用というのは、会計学の世界では、次のように定義されます。
「未払費用とは、一定の契約にしたがって、継続して役務の提供を受ける場合に、すでに役務を提供を受けたが、決算日現在で未払いの額のことである。」

…さて、一瞬気が遠くなった方もいらっしゃるかもですね(笑)
いえ、たまには、ちょっと堅い話をしてみようかなと…
では、上記の定義を分解します。

決算書を理解するための中級レベルの知識としては、じつは「ひじょーに」重要なので、初心者の方は、わかる範囲で結構ですから、がんばってついてきてください。
(もしも、ゼロから簿記の入門をやりたい! あるいはもう一度やり直したい!という方は、こちらがおすすめです)
→ http://bokikaikei.net/zaimu-chart.html

…では、賞与の場合に当てはめて、かみくだいてみます。
賞与という経費に関する未払費用とは、

1.「一定の契約」にしたがって=「雇用契約」にしたがって
2・「継続して役務の提供」を受ける=「毎日、労働してもらう」場合に
3.「すでに提供された役務」に対し=「すでに経過した支給期間」に対し
4.「まだ支払っていない額」=「6月に支払う予定の未払い額」

となります。

いかがですか?

つまり、従業員としての立場(雇用契約)にしたがって、会社に労働力を提供している社員に対し、6月支給額(3月決算時点では未払い)の支給対象期間(たとえば、1月から6月までのうち、3月までの3ヶ月間に属する分)については、3月時点で未払いの費用(賞与)を、バランスシートに載せましょうね、というお話です。

【図示】
         決算月       賞与支給月
 +――――――――+――――――――――+――――――→
(1月)     (3月)       (6月)
                 現金預金▲6000万円
 |        |          ↑(月当たり1000万円)
 |        |          | ×6ヶ月
 ・――――――――・――――――――――・
 |   ↑    |    ↑     |
   3か月分   |  3か月分
   3000万円 | 3000万円
   (当期の費用)|  (翌期の費用)

この未払費用は、会計理論上は、本来、必ず上げるべきです。
なぜなら、当期の業績を正しく計上するには、3月までの働きに対して支払うべき賞与を未払いでも計上しないと、利益が正しく計算できないからです。
これが極端な話になると、3月に働いてもらった給料について、支払日が3月かたまたま数日ずれて4月かの違いで、3月に支払えば3月の費用、4月に払えば3月に費用にならない、というのでは、ちょっとおかしいですよね。
支払条件は、会計上の費用を考える場合、問題ではありません。
会社の消費行為(ここでは、従業員に働いてもらったという事実)があったときに費用として認識するのです。

<バランスシートと損益計算書の関係>
 経費の「現金払い」と「未払い」
(ケース1)費用を現金で支払ったとき。
       バランスシート         
 ―――――――――――――――――――
 現金預金▲3000|
 (資産▲)    |
          |
          |利  益▲3000←←・
          |           ↑
                      ↑
                      ↑
        損益計算書         ↑
   ――――――――――――――     ↑
                      ↑
       :              ↑
   販売費及び一般管理費         ↑
       ○○費   3000(▲)  ↑
       :              ↑
   ――――――――――――――     ↑
    利    益   3000(▲)→→・
(ケース2)費用を決算で未払費用として計上した場合。
       バランスシート         
 ―――――――――――――――――――
 現金預金   ±0|未払費用+3000 (負債+)
          |      ↑
          |      ↑   (資本▲)
          |利  益▲3000←←・
          |           ↑
                      ↑
                      ↑
        損益計算書         ↑
   ――――――――――――――     ↑
                      ↑
       :              ↑
   販売費及び一般管理費         ↑
       ○○費   3000(▲)  ↑
       :              ↑
   ――――――――――――――     ↑
    利    益   3000(▲)→→・
3月決算における、賞与の未払い計上は、まさに上記のケース2に
該当します。
賞与という費用を、決算で未払費用として計上した場合。
       バランスシート         
 ―――――――――――――――――――
 現金預金   ±0|未払費用+3000 (負債+)…6月に支払予定
          |      ↑
          |      ↑   (資本▲)
          |利  益▲3000←←・
          |           ↑
                      ↑
                      ↑
        損益計算書         ↑
   ――――――――――――――     ↑
                      ↑
       :              ↑
   販売費及び一般管理費         ↑
    賞    与   3000(▲)  ↑
       :              ↑
   ――――――――――――――     ↑
    利    益   3000(▲)→→・

いかがですか?
こうすると、将来支払うべき費用の一部を、当期の決算で前倒し計上することができます。
特に、昨今の好況を背景に、利益を合理的に小さくするために、今まで未払いの賞与をキチンと上げていなかった会社は、この機会に税理士さんや公認会計士さんと相談して、未払費用のネタとして計上を検討してみてください。
※なお、このような通常の賞与は、税務上は損金に落ちません。
いわゆる有税の処理になりますので、ご注意ください。
また、ある種の決算賞与などは、実は一定の要件をもとに税務上も経費に落とせます。
紙面の都合上、そのあたりの「節税にもなる賞与の未払い計上の方法」は、会員制CDセミナーの方の、ワンポイントでお話いたします。
 → http://bokikaikei.net/info-cd.html
どうせ決算賞与を払うなら、節税に利用したいですものね。
ともあれ、せめてボーナスのうち10%くらいは、なにか自己啓発のために投資してみてください。

「消費と投資のバランス」が、自己実現のコツです。
これからも、私自身が身銭を切って手に入れた情報を、ご提供していきますので、よろしくお願いします!!

【人気記事】
社会人が4ヶ月で簿記検定1級に合格した通信講座とは?
毎日更新!Youtube 簿記会計を楽しく学べる「柴チャンネル」
【無料動画講座】簿記2級短期合格勉強法