がんばろう日商簿記1級合格、今回は「3級合格から1年以上経っている方の勉強法」というテーマでお話しします。

簿記2級

普段いただいている相談のうち3人に1人ぐらいは、3級を合格してから時間が経っている方からのものです。


なかには合格から10年、20年経っている方もいらっしゃいます。
半年ぐらいであればそれほど大変ではありませんが、1年以上経過している場合は知識が抜けている可能性が高いです。

見れば思い出すのでしょうが、何のリハビリも無い状態で2級を受けるのはきついので、3級合格から1年以上経った場合には、もう一度全体をインプットし直したほうがいいと思います。
3級講座をわざわざ受け直す必要はなく、独学で十分です。

私のおすすめは、3級の基本的な本を10時間から20時間で2回程度読むことです。

それから、仕訳問題、第三問の試算表、第五問の精算表をやってください。
試算表を2回、精算表を2回やります。
総合問題・試算表・精算表で5時間ぐらいやって、仕訳の復習を5時間ぐらいやって、3級の基本テキストを2回転ぐらいして、合計20時間ぐらいです。
1日1時間ならば20日、2時間ならば10日で終わるので、早ければ1週間ぐらいで終わります。

感覚が鈍っていないと思ったら、テキストを1回だけ読んで、仕訳を一通り見て、例題レベルの基本的な試算表と精算表をそれぞれ2回ずつ解いて、決算整理仕訳や試算表を作る集計能力をリハビリしたほうが良いと思います。
通常、3級の合格に必要な勉強時間は平均で45時間なのですが、そこまでやる必要はありません。

3級の合格経験のある方ならば、概ね20時間以内の復習でリハビリができると思います。
完全に知識が抜けていると思ったら30時間はやっても良いかもしれませんが、それより時間をかける必要はありません。
2級を受けたいけれども3級合格から時間が経っているという方は、遠慮無くご相談ください。

私はいつもあなたの2級合格を心より応援しています。
ここまでご視聴いただきまして誠にありがとうございました。

【人気記事】
社会人が4ヶ月で簿記検定1級に合格した通信講座とは?
毎日更新!Youtube 簿記会計を楽しく学べる「柴チャンネル」
【無料動画講座】簿記2級短期合格勉強法
【第152回日商簿記検定試験1級・2級・3級解答速報はこちら】