2006年11月8日の日経19面では、製薬大手の4社の中間決算に関する話題が出ていました。11月7日に、武田、アステラス、第一三共、エーザイの中間決算がでそろった、ということですね。

ここで、ちょっと4社の業績をかんたんに見ていきましょう。
         
                       (単位:億円)
 
            売 上 高  営業利益  研究開発費
                       (一般管理費)
武田   2006/9(実) 6424  2362   961(+139)
     2007/3(予)13000  4250    -

アステラス2006/9(実) 4479   725   979(+419)
     2007/3(予) 9180  1800    -

第一三共 2006/9(実) 4858   784   849(+124)
     2007/3(予) 9180  1270    -

エーザイ 2006/9(実) 3193   496   522( +78)
     2007/3(予) 6530  1050    -

こうやってみると、アステラスの研究開発費の伸びが突出しているのがわかりますね。
やはり、この点が営業利益にも影響を与えています。

営業利益の伸び率

         2005/9  2006/9
武田      2152 2362  +210

アステラス   1171  725  △446

第一三共     803  784  △ 19

エーザイ     452  496  + 44

アステラスにとって、前年同期比で研究開発費を419億円も増やしたのが、営業利益446億円減少の主要因となったわけです。
しかし、研究開発費の総額が、この中間期に限っては武田薬品を超えた、という事実は注目ですね。

売上高では、武田薬品と1.5倍程度の差ですが、
 ※2007/3ベース 13000÷9180=1.42倍

営業利益に関しては2倍以上も違います。
 ※2007/3ベース 4250÷1800=2.36倍

つまり、本業である製薬事業での競争力が、武田の方が上であると、決算書では読み取ることができます。
しかし、研究開発費では、一時的にせよ武田を超えたわけですから、開発への意欲が感じられます。

将来への布石として、この研究開発費の大幅増が奏功するかどうかは、次の決算以降を見てから、チェックしていきたいですね。

【人気記事】
社会人が4ヶ月で簿記検定1級に合格した通信講座とは?
毎日更新!Youtube 簿記会計を楽しく学べる「柴チャンネル」
【無料動画講座】簿記2級短期合格勉強法
【第152回日商簿記検定試験1級・2級・3級解答速報はこちら】