がんばろう日商簿記2級合格、今回は簿記3級も簿記1級も共通のテーマ「本試験で知らないテーマが出ても慌てない」です。

簿記2級

簿記3級、簿記2級、簿記1級と、難易度が上がるほどその傾向は強いのですが、テキストでやった範囲から必ず出るわけではないです。

あくまで、テキストは重要なところをやっているのです。
どのテキストもそうですが、世の中の100パーセントの出題形式を網羅するというのは、現実的にあり得ないのです。

100点のうち10点ぐらいは未知の出題形式で応用力を試すということがありますが、余程の天才でもなければできるわけがありません。

巡り合わせもありますが、回によっては10パーセント前後ぐらい知らない論点が出ることもあり得ます。

これは簿記3級でも簿記2級でも簿記1級でも、一生懸命テキストを勉強して問題集もやって、それでも見たことがない出題形式が出ることもあります。

でも、そこで怒ってはいけません。
世の中のせいにしたり教材のせいにしてしまうのはもったいないです。
残りの1時間2時間でベストを尽くしてください。

傾向として、珍しい論点とか珍しい出題形式のところは配点があまり来ません。
簿記1級で初めて連結包括利益計算書が出題されたときも、多分配点はかなり低かったと思います。

そのため、他の一般的な論点ができれば、そちらに配点を少し多めにずらしているはずなので、そこをしっかり取れば通常の2倍の点数がきます。

初めて出たような特殊な論点は1点か2点しか配点がなくて、そこは出来なくても合否に大きな影響が無いこともあります。

知らない論点を過大評価して、「この問題ができないと受からないのか」などと思って、パニックにならないことです。

極端な話、100点のうち20点が知らない論点だったとしても、冷静に残りの8割を解くことが出来れば70パーセント以上は取れます。

知らない論点が2割出たとしても、他の8割を取ればいいのです。
知らない論点や知らない出題形式は1割ぐらい出ても構わない、という心の準備をして、出なかったらラッキーだったと思えば良いのです。

日商簿記検定は70点取れば受かるのです。

3割までは落とせるのです。

大抵、3割も知らない論点が出ることはまずあり得ません。
お互いに信頼関係があるので、ある程度のところで出題者も上手くバランスを取ると思います。

みなさんは心配しないでください。
本試験で1割ぐらい知らないテーマ、知らない出題形式が出ても気にせず、見なかったフリをして先に行きましょう。

柴山式の普段の勉強は、「わからなくても、わかったつもりで先に行く」なのですが、本番の試験では知らないテーマ、出題形式が出ても、どうせそこにはあまり配点は来ないと思ってください。

見なかったフリをして、他の出来る問題をイージーミスせずにしっかりと点数を取って、確実に合格点を狙いましょう。

私はいつもあなたの合格を心から応援しています。
ここまでご覧いただきまして誠にありがとうございました。

【人気記事】
社会人が4ヶ月で簿記検定1級に合格した通信講座とは?
毎日更新!Youtube 簿記会計を楽しく学べる「柴チャンネル」
【無料動画講座】簿記2級短期合格勉強法
【第152回日商簿記検定試験1級・2級・3級解答速報はこちら】