【第1問】 空欄にあてはまる答として、最も適当なものを選択肢から選んでください。

純資産(資本)とは、(  )から負債を引いた差額で求められる。
【選択肢】資金、資産、資本金、収益



【第2問】 下記の仕訳を示しなさい。ただし、勘定科目は選択肢の中から最も適当なものを選ぶこととする。

栃木商店に対する掛代金を当店振出しの小切手¥300,000および現金¥20,000で支払った。
【選択肢】買掛金、クレジット売掛金、未払金、現金、当座預金、仕入

借方科目 金額 貸方科目 金額






答え

第1問
 資産

第2問

借方科目 金額 貸方科目 金額
買掛金 320,000 現金 20,000
当座預金 300,000
【人気記事】
社会人が4ヶ月で簿記検定1級に合格した通信講座とは?
毎日更新!Youtube 簿記会計を楽しく学べる「柴チャンネル」
【無料動画講座】簿記2級短期合格勉強法
【第152回日商簿記検定試験1級・2級・3級解答速報はこちら】