今回の「前を向いて歩こう」ですが、モチベーションを上げるための意識をお話ししたいと思います。

物事は好きなことから嫌いなことまであると思いますが、物事が100パーセントあった場合、20対80の法則で言うならば嫌いなことが20パーセントで、内訳は一番嫌いなものが4パーセントで、まあまあ嫌いなことが16パーセントです。

そして全くの普通でどちらでも良いというものが60パーセントぐらいあると考えてみました。

では好きなことも同じように16パーセントぐらいで、すごく好きなことが4パーセントぐらいです。

ですから、20対80の法則で言うならば、好きなことが20パーセント、嫌いなことが20パーセント、普通が60パーセントと分けるとだいたいイメージが湧きます。

すごく好きなこと4パーセントというのは、自分の欲求に従ったことなので、なかなかこれができないです。

私は昔野球が好きでしたが、自分で意識しないとなかなかやる時間が取れません。
ギターもやっていますが、意識しないとなかなか時間が取れず、気がつくと何週間もやっていないということもあり得ます。

簿記の勉強も好きでやろうと思っても忙しくてできなかったり、本を読もうと思ってもできなかったり、自分で意識して時間を作らないとできなくなってしまいます。

そこそこ好きなことまでは、実は仕事などのやるべきこと、「これをやってください」などと他人の都合で依頼されたり、やらなければいけないという相手の都合に合わせることもあります。

当然これも仕事だし、社会生活を営む上で他人の都合にも合わせなければいけません。
世の中の7割ぐらいは相手の都合に合わせる必要もあります。

全部自分1人でやっていくというのはある意味で自己中心的です。
しかし、特に気にならない他人の都合というのはあります。

例えば席を譲ったり、赤信号で待つといったことです。
それはルールとして当たり前だからストレスは溜まらないです。

しかし、「今はやりたくないけれどやらないとな」というような、他人の都合でちょっと嫌だと思うこともあります。

あとは全く気が合わない人と仕事をしなければいけないというような、すごく嫌だけれどもどうしてもやらなければいけないということがあります。

好きなことも若干はありますけれど、すごく好きなことでやるべきことというのは滅多にないと思います。

こうしてみるとすごく好きなことは入ってこないので、人の都合ばかりに合わせてしまって日々仕事ばかりやってしまうとストレスが溜まります。
それはすごく好きなことをやる時間が取れないからです。

ということは、すごく好きなことを意識して、自分の本当の欲求と向き合って、ここを毎日毎週少しずつでも良いですから意識して時間を取ってやってみてください。

すごく好きなことというのは人の都合に合わせているとなかなかできませんので、ここはタイムマネジメントをして自分のために時間を作ってください。

すごく好きなことをやることによってモチベーションがグッとアップしますから、モチベーションをアップしてから人の都合に合わせてやるべきことも普段やります。

やはり週に1回か2回、そして毎日少しずつでもいいから、すごくやりたいことも少しずつ挟んで意識してやっていったほうが良いと思っています。

これは勉強や仕事などのエネルギーの源を作る上でもすごく好きなことを意識して時間を取りましょう。

私はいつもあなたの成功・スキルアップを心から応援しています。
ここまでご覧頂きまして誠にありがとうございました。

【人気記事】
社会人が4ヶ月で簿記検定1級に合格した通信講座とは?
毎日更新!Youtube 簿記会計を楽しく学べる「柴チャンネル」
【無料動画講座】簿記2級短期合格勉強法