今回の「前を向いて歩こう」ですが、自分の収入と自己投資の予算をどのように考えるかというお話をしたいと思います。

まずは最低ラインとして1つの目標ですが、収入の5パーセントを毎月自己投資しましょう。

未来の成長のために役に立つ支出として予算を組んで、それを最初から確保しておきましょう。
これが将来の自分の成長に大きく関係します。

私はこれまで数千人以上の人とお会いしていますが、成功する人というのは上位20パーセントか4パーセントだったりしますが、せめて上位20パーセント以上の成功者に入ろうと思ったときに、自分の支出の一部を自分の成長のために割り当ててください。

自分の楽しみや娯楽のために支出することも良いですが、それだけだとスキルアップやレベルアップはなかなか望めません。

レベルアップする方というのはそれなりに努力しています。
その努力に収入の半分出せとは言いませんが、5パーセントぐらいは投資しましょう。

例えば新人の方で月収が20万円などの方は、本を読む程度になってしまいますが1万円ぐらいでも良いのですが支出してみましょう。

2万円ぐらいまで出せるのであればセミナーにもでることができますが、最低1万円を支出してみましょう。

月収40万円ぐらいの中堅の方だと家族がいるとは思いますが、セミナーや教材などを買ったりするために4万円ぐらいを目標にしたいですが、最低2万円を支出してみましょう。

月収100万円ぐらいの方は5パーセントで5万円ですが、もし出せるのならば10万円出してください。

そうするとそれなりのセミナーにも出ることができますし、レベルの高い人にも会えます。
これは借金してもOKだと思っています。

私はコーチングの認定資格を取るのに100万円ぐらいかかっていますが、その資格を使って自分で収入を得て、数年間で1,000万円規模の売上アップに繋がっていますので、その投資は役に立っています。

100万円出せとは言いませんが、20万や30万ぐらいであればカードを使って先行投資をして、レベルアップをしてからボーナスで返すのもありです。

株式投資は借金してはいけませんが、自己投資には借金をしても良いと思っています。
借金の目安は月収ぐらいの額です。

200万の収入がある人であれば10万の自己投資ができるかもしれません。
10万も自己投資できれば遠方へセミナーを聞きにいけますし、地方の方が東京に来ることもできます。

では自己投資の事例を紹介します。
やはり一番安いのは本で、1冊1,000円~2,000円程度です。
最低でも10日に1冊は読みたいです。

1,500円の本だとしたら3冊で4,500円なので、残りの5,000円ぐらいで安いセミナーに出られます。

それからビデオ教材が1本3,000円~6万円ぐらい。
音声教材は1本1,500円~6万円ぐらい。

2万3万の教材を買ったら、これは10回ぐらい繰り返して見たり聞いたりするために買うのもありです。

それから、自分よりも能力があると思う人や成功した人に会うことです。
これは1回5,000円~6万円です。

できる人に会うときは5・6万円の支出をする気持ちで良いと思います。
半年ぐらいで良いので会って刺激を受けるとレベルが上がります。

あとはトレーニングをします。
月に1万円~6万円です。

フィットネスに行ってもいいです。
途中でやめてもいいです。
あるいはプールに行ったり、自分の健康のために投資をしたりします。

こういった色々なことができるので、まずは自分の月収の5パーセントから無理のない範囲で自己投資をしてみてください。
あなたが半年後・1年後に目に見えて変わるはずです。

私はいつもあなたの成功・スキルアップを心から応援しています。
ここまでご覧頂きまして誠にありがとうございました。

【人気記事】
社会人が4ヶ月で簿記検定1級に合格した通信講座とは?
毎日更新!Youtube 簿記会計を楽しく学べる「柴チャンネル」
【無料動画講座】簿記2級短期合格勉強法
【第152回日商簿記検定試験1級・2級・3級解答速報はこちら】