一株当たり利益(EPS)の意義と求め方

1.一株当たり当期純利益とは何か

会社が株主に対して発行している普通株式一株あたりの当期純利益額のこと。
EPS(Earnings Per Share)ともいう。
一株当たり利益の情報は、株価や企業の成長力を知る重要な資料となる。

2.一株当たり当期純利益(EPS)の計算式

普通株式に係る当期純利益 = 1株当たり当期純利益
普通株式の期中平均株式数※
※普通株式の期中平均株式数=(期首株式数+期末株式数)÷2

3.かんたんな計算例

(例)当期純利益は3,000千円である。普通株式の発行済株式数は、期首60,000株、期末65,000株である。

⇒3,000千円÷62,500株=48円…1株当たり当期純利益
※期中平均株式数62,500株=(60,000+65,000)株÷2

4.株価と一株当たり当期純利益の比率(PER)

PER(Price Earnings Ratio)
  
株価÷一株当たり当期純利益
⇒会社の株価(会社の値段)は、会社が稼ぐ利益の何倍(何年分)か?

5.統計データ

東証一部・2155社の単純平均値
2020年6月末時点

一株当たり当期純利益・・・107.04円
PER(株価収益率)・・・19.6倍

株価の平均値は?

107.04円×19.6=2,097円98銭

以 上