自己株式の意味と会計処理

(1)自己株式の意味

株式を発行した後、自ら買い戻した自社の株式のことである。

(2)自己株式の取得と会計処理

自己株式を取得した時は、取得原価を「自己株式」勘定(純資産の控除科目)で借方に記載する。付随費用が生じた場合には、「営業外費用」として処理する。

(借)自己株式×××(貸)現金預金×××
支払手数料×××

(問1)取締役会の決議により、発行済株式のうち100株を1株につき50千円で取得し、現金預金にて支払った。また、支払手数料10千円を支払った。

(借)自己株式5,000(貸)現金預金5,010
支払手数料10

(3)自己株式の処分と会計処理

自己株式の売却処分にあたり、自己株式の帳簿価額と自己株式の処分対価との間に差額が生じた場合、「自己株式処分差益」は「その他資本剰余金」に計上し、「自己株式処分差損」は「その他資本剰余金」から減額する。
自己株式の処分にあたり付随費用が生じた場合には、「営業外費用」として処理する。(ただし、株式交付費として繰延資産に計上することもできる。)

※自己株式処分差益のケース

(借)現金預金×××(貸)自己株式×××
その他資本剰余金×××
支払手数料×××現金預金×××

※自己株式処分差損のケース

(借)現金預金×××(貸)自己株式×××
その他資本剰余金××××××
支払手数料×××現金預金×××

(問2)保有する自己株式(一株あたりの帳簿価額50千円)のうち30株を1株につき60千円で処分し、代金が払い込まれた。支払手数料10千円を支払った。

(借)現金預金1,800(貸)自己株式1,500
その他資本剰余金300
支払手数料10現金預金10

(問3)保有する自己株式(一株あたりの帳簿価額50千円)のうち20株を1株につき40千円で処分し、代金が払い込まれた。支払手数料10千円を支払った。

(借)現金預金800(貸)自己株式1,000
その他資本剰余金200
支払手数料10現金預金10

以上