ゴールデンウィーク中の5月3日・1面の日経記事に、配当に関する話題が2つ出ていました(関連記事が3面にも)。
2006年3月期も、引き続き企業業績が好調であることを示す象徴的な話題ですね。

まずは、NTTです。
2007年3月期の年間配当を8000円~9000円と前期(6千円)より3割から5割の増加をする可能性が高い、とのことです。
これまでは、NTTの株主利益還元策としては、自社株買いによる方法が多かったのですが、その背景には、政府が保有していた株式の放出による需給バランス悪化を緩和する狙いもありました。

しかしながら、ここにきて政府保有株の売却が一段落し、株主への利益還元として配当を強化するという方針への転換が見て取れます。
なお、5月9日現在のNTTの配当利回り(1株あたり配当/株価)は、

(6000円/532000円)×100≒1.12…%でした。

これが、もしも9000円の配当になれば、配当利回りは
(9000円/532000円)×100≒1.69…%
に上昇しますね。

配当利回り1.5%以上は、今時、なかなかの魅力です。

つぎに、みずほフィナンシャルグループが、2006年3月期の年間配当を4000円とし、従来計画より500円増配する、との方針が明らかにされました。
本業の回復により、連結最終利益が過去最高を記録したようで、その結果、株主への利益還元を強化することになりそうです。

連続の増配です。
なお、みずほの株価は、上記の新聞記事を好感したのか、前日比3.06%アップの101万円の取引値となりました。
そういえば、NTTも前日比で4.31%も株価を上昇させ、532000円としましたね。
増配の報道は、株価上昇の有力な材料といえます。

【人気記事】
社会人が4ヶ月で簿記検定1級に合格した通信講座とは?
毎日更新!Youtube 簿記会計を楽しく学べる「柴チャンネル」
【無料動画講座】簿記2級短期合格勉強法
【第152回日商簿記検定試験1級・2級・3級解答速報はこちら】