2月10日の日経記事を見ますと、17面で民放キー局5社のうち3社が、第3四半期で増益を記録した、と報じられています。
経常利益(本業の儲け+金融収支など)が、フジテレビで前年同期比7%増、テレビ朝日が前年同期比31%増、テレビ東京が前年同期比6%増となっています。
純利益は、日テレを除く4社(フジ、TBS、朝日、東京)が増益です。
2006年3月期の業績見込みも、フジ、朝日、東京の3社が現状では増益予測をしています。
ただし、昨年5月にM&Aがらみでライブドア株を12.74%も取得したフジテレビは、1株あたり329円、総額440億円の原価に対し、13日で1株あたり61円となってしまったため、この時点で約358億円の含み損という爆弾を抱えることになってしまいました。

これは著しい下落ですから、この調子で3月まで行けば、ほぼ間違いなく特別損失処理(減損処理といいます)の対象になるのではないでしょうか。
つまり、フジテレビの当期純利益に、マイナス300億円以上の影響を与える可能性を秘めていると言うわけです。

ちなみに、第3四半期の業績概況では、2006年3月期の連結経常利益予想が495億円ですから、せっかく稼いだ利益の6割以上がライブドア株関連の損失処理で吹き飛ぶ危険性もあるのですから、投資先の企業の財政状態悪化は、恐ろしいです。
本業以外の要因で業績の足を引っ張られると言うのは、つらいところですよね。
※なお、ライブドアを題材とした、過年度の決算分析を試みた レポートは、こちらです。

→ http://bokikaikei.net/casestudy2006-1-24.html

【人気記事】
社会人が4ヶ月で簿記検定1級に合格した通信講座とは?
毎日更新!Youtube 簿記会計を楽しく学べる「柴チャンネル」
【無料動画講座】簿記2級短期合格勉強法
【第152回日商簿記検定試験1級・2級・3級解答速報はこちら】