キッズBOKIを通して知ってほしいことは?

2014年06月17日

【予告編02】

お金というのは、今の世の中とは絶対切っても切れないものだと思います。

お金との付き合い方っていうのは、普通は感情を伴って付き合ってしまいますが、ここに大きな間違いがあります。

私は会計士として20年、色々な人を見てきましたが、お金で失敗する人や会社を傾かせる人は、お金を感情で考えているのです。

「お金を借りたら怖いな」とか、「売上があがらなかったら嫌だな」とか、恐怖心を伴ってお金を扱っている経営者というのはだいたい失敗するのです。

感情を抜きにして、淡々と、「所詮数字の動きだよな」と思って、一歩引いて客観的に数字と直面できる人のほうが、1億を扱っていても感情を伴わないから、判断を間違えないのです。

それには、子どものときから、感覚として身に付けさせるのが一番良いのです。
1億円というのは、ただの1億円の数字に過ぎないのだと、深く考えないことが大切です。
これが、大人になると、「1億って数字は恐いね」という、変に感情を伴ってしまうので、これを取り除きたいのです。
それには、子どものうちに取り除くのが一番いいのです。