【キッズ簿記(BOKI)】

簿記3級

キッズBOKI第11週、「いよいよ1年の総まとめだ!」

りょうたくん:経営の内容がわかったり、税金を納めるための資料となる合計残高試算表はとても便利なものだということがわかりました。

もかさん:会社の通信簿である「貸借対照表」と「損益計算書」は、本当にパズルみたいでした。
学校の通信簿と仕組みなども全く違うので、新鮮に感じました。

柴山政行氏(以下、柴山):第11週では、試算表から2つの通信簿を作ります。
第10週までで、1年間の試算表を作りましたが、この表を加工することによって、2つの通信簿が生まれます。

2つの通信簿が作れるようになると、1年間にどれくらいの利益が出たのかがスッキリとわかりますし、会社の財産の姿が丸わかりになります。

さらに、国民の義務である、税金の計算もします。
かなり実践的な内容になっていますので、11週を楽しみにしてください。

キッズBOKI、第11週も楽しく勉強しましょう。

【人気記事】
社会人が4ヶ月で簿記検定1級に合格した通信講座とは?
毎日更新!Youtube 簿記会計を楽しく学べる「柴チャンネル」
【無料動画講座】簿記2級短期合格勉強法
【第152回日商簿記検定試験1級・2級・3級解答速報はこちら】