色々やっていて、ふと意識が他のことにいってしまって、「あれもやらなきゃ」「これはどうなってるかな」と思ってしまうことがあります。
 
そのような感じで気が付いたら目の前のことが進まなかったということがあると思います。
やっていることが思ったように進まず悩んでいる方に1つのコツをお話ししたいと思います。

これは集中をしていないと結構やってしまっているミスです。
これは自覚していない可能性があります。
ですから、振り返ってみてください。
 
たとえば自分が何かやろうと思って、思いどおりにいかないこともあります。
あるいは、机に向かって「何からやればいいかな」と悩むこともあります。
 
あるいは、仕事をしていて帰社して、机の前に戻ってから「さて、何からやろうか」と悩むこともあります。
 
そのときには、優先順位をつけておくことが大事です。
すぐに思いつかなかったらこうしましょう。
 
たとえば、いったん目を閉じます。
落ち着いて、深呼吸をして、そして頭の中を敢えて1回真っ白にします。
真っ黒でもいいです。
 
そのとき、私は暗い水面をイメージします。
真っ暗闇の中に水面があって、水滴が落ちて波紋を呼ぶというイメージです。
 
私の場合、心を落ち着かせるときの1つのテクニックとして、部屋でも川でもいいですが、真っ暗な状態をイメージします。
 
その中からほのかな光が見えています。
水面だけが見えています。
 
そして、ポチャンとひとしずくの水滴が起きて、波紋がフワーと広がっていく様子をイメージします。
 
その状態をイメージしただけで一瞬気持ちが落ち着くのです。
ぜひよければやってみてください。
 
私の場合、その状態を10秒か20秒イメージするだけで集中できます。
あなたなりにやってみてください。
 
そのイメージを持ったら気持ちが何もない状態になるので、そのときに考えます。
今一番大事なのは何かと考えます。
 
もちろん、いくつか思い浮かぶかもしれません。
その中のどれか1個を決める練習をしてください。
 
そして、1個を決めたらそれをやります。
1個を決めたら、それ以外のことは捨てるという意識してください。
 
たとえば「今から30分は2番目以下のものは捨てる」と考えて、2番以下のものが連想されるようなものは見えるところから排除します。
 
たとえばテレビや、携帯電話などであれば電源を切るというふうにします。
誰かに連絡をするということは一切なしです。
 
これが集中するということです。
そして、他のことは一切考えません。
 
心をいったん空っぽにして、そして何が1番かを決めます。
そうしたら、そこから一定時間は1番以外は考えないと決めます。
 
1番以外を連想させるものは全て目の前から取り除きます。
場合によってはその間携帯の電源を切ってもいいです。
他のことは考えないようにします。
 
やりながら「あれ、どうなってるのかな」「このコーヒー美味しいじゃん」などと考えてしまいますが、それは一切なしです。
 
一切他のことは考えないようにすると決めます。
気が付くと気が散っている人がいますが、それはやりながら他のことを考えてしまうからです。
 
1つのことを優先していないということです。
「他もやらなきゃ」と思いながら始めていませんか?
 
それはだめです。
「他のことはやらない」と決めてから始めてください。
 
そして、今だけに集中します。
未来のことを考えないでください。
 
「ああ、どうなったかな、あれ」「ああしておけばよかったな」「他はどうかな」というふうに未来のことも過去のことも考えません。
 
他のこと、未来のこと、過去のことは一切捨てて、今の目の前のことに集中します。
その習慣をつけるだけでも人によってはパフォーマンスが上がります。
 
この意識をして物事を10分でも20分でも30分でもやってみてください。
勉強や仕事がはかどります。
参考になさってください。
 
私はいつもあなたの成功・スキルアップを心から応援しております。
ここまでご覧頂きまして誠にありがとうございました。

【人気記事】
社会人が4ヶ月で簿記検定1級に合格した通信講座とは?
毎日更新!Youtube 簿記会計を楽しく学べる「柴チャンネル」
【無料動画講座】簿記2級短期合格勉強法