昨日、ロシアワールドカップの第1戦がありました。
下馬評では圧倒的に負ける可能性が高いと言われて酷評されていた日本代表ですが、コロンビアに勝ちました。

運も味方につけたのかもしれませんが、そういったことも含めての勝負ですから、昨日勝ち点3が取れたのは大きいと思います。

次は対セネガル戦です。
セネガルもアフリカ勢の強いチームですが、最善を尽くして試合をしてほしいと思っています。

ここで私が言いたいのは、元々アジア勢というのは南米に52年間全く勝てませんでした。
アジアが南米に勝つのは史上初らしいです。

不可能を可能にしたということを考えるならば、相手をリスペクトするのは大事だけれども、リスペクトし過ぎて腰が引けてしまうのは日本人の礼儀正しさという良い面もあります。

しかし、そうすると体が動かなくなってしまうので、果敢に挑戦するという、あえて無茶をするという、一見無理そうかもしれないけれど上のレベルを目指す、これはすごく大事な気持ちで、昨日のコロンビア戦は多くの日本人が勇気をもらったと思います。

あれだけだめだと言われていたのに、直前に行われた親善試合のパラグアイ戦で光が見えてきて、昨日は頑張ったということです。

運が良い部分もあったけれども、それも含めて勢いと勇気をもって敵の陣地に飛び込んで一生懸命走り回った、そういったことが良い結果を生むと思います。

泥臭くても良いから自分が今無理だと思える目標も設定して、あえて高い水準の目的・目標を達成するために一所懸命目一杯努力するのも大事だと思います。

例えば簿記検定2級を目指している方は、簿記1級を受けるつもりで簿記2級を受けたり、簿記3級を目指している方は簿記2級を受けるんだという一歩上のレベルを意識して目の前の目標を達成してください。

目の前の目標だけだと、そこで終わってしまいます。
100メートル走でも、100メートルを走るのではなくて110メートル走るつもりで頑張るということです。

常に今目指しているレベルのさらに一歩上を目指して果敢にチャレンジしましょう。
そのほうが人生がドキドキワクワクして楽しいです。

もちろん失敗したときは悔しいですけれど、自分の限界を少し超えるような目標をもって、果敢にチャレンジしましょう。

日本代表も次のセネガル戦、そしてそのあとのポーランド戦も頑張って、グループリーグ突破を目指してほしいと思います。
全力を出し切ってほしいと思います。

私たちもそれを見て勇気をもらって、自分の限界を勝手に設定しないで一歩上のレベルを目指しましょう。

私はいつもあなたの成功・スキルアップ、そして簿記検定2級の合格を心から応援しています。
ここまでご覧頂きまして誠にありがとうございました。

【人気記事】
社会人が4ヶ月で簿記検定1級に合格した通信講座とは?
毎日更新!Youtube 簿記会計を楽しく学べる「柴チャンネル」
【無料動画講座】簿記2級短期合格勉強法