運送費用の会計処理

1.運送費用とは

商品その他の品物を先方に引き渡す、または先方から受け取る際に、その品物を輸送してくれた者に支払う手数料などである。

運送費用には、①商品を売り上げるときに売手が支払う発送費用、②商品を仕入れるときに買い手が支払う引取り運賃の2種類がある。

2.売手が支払う発送費用

商品を売り上げるときに、発送の段階で支払う運送費用のこと。
送料を売手が負担するか買手が負担するかで、つぎの2種類の会計処理方法がある。

(1)売手が負担する場合

支払った運送費用を「発送費用」「支払運賃」などの費用として会計処理する。

(取引1)商品を得意先に向けて発送した。販売価格は320,000円、代金の支払期限は、翌月25日である。なお、発送に際して、運送費用4,000円を現金で支払った。当該費用は当社負担である。

(仕訳例)

借方科目金 額貸方科目金 額
売掛金
発送費用
320,000
4,000
売上
現金
320,000
4,000

(2)買手が負担する場合

支払った運送費用を「売掛金」「立替金」などの資産として会計処理する。

(取引2)商品を得意先に向けて発送した。販売価格は320,000円、代金の支払期限は、翌月25日である。なお、発送に際して、運送費用4,000円を現金で支払った。当該費用は買手負担である。

(仕訳例)

借方科目金 額貸方科目金 額
売掛金324,000売上
現金
320,000
4,000

3.買手が支払う引取り運賃

商品を仕入れたときに支払う運送費用のこと。
商品の送り状価格といっしょに「仕入」勘定に含めて会計処理する。
期末に未販売のものがあれば、期末商品の評価額を計算して、「繰越商品」勘定(資産)に振替える。

(取引3)商品40個を仕入れ、検収を行った。送り状価額320,000円の支払期限は、翌月25日である。
なお、引取りに際して、運送費用4,000円を現金で支払った。

(仕訳例)

借方科目金 額貸方科目金 額
仕入324,000買掛金324,000

※商品1個当たりの取得原価 324,000円÷40個=8,100円

(取引4)決算日になった。
倉庫に保管してある商品の実地棚卸をしたところ、10個が在庫として保管されていた。
いっぽう、商品の払い出し記録と突き合わせたところ、たしかに払出数量が30個となっていた。(売価は合計で350,000円)
したがって、仕入数量40個-期末在庫10個=販売数量30個であることが確認できた。
以上を踏まえ、期末の在庫計上に係る会計処理を行う。

(仕訳例)

借方科目金 額貸方科目金 額
繰越商品81,000仕入81,000

※商品1個当たりの取得原価8,100円×10個=81,000円…期末の在庫
※売上原価:324,000円-81,000円=243,000円(30個相当)

運送費用の会計処理