がんばろう日商簿記3級合格。

簿記検定合格応援

今日は2013年の11月9日、土曜日です。

11月17日はいよいよ第135回の日商簿記検定がありますが、簿記3級について直前1週間の学習スケジュールのご提案をしてみたいと思います。

題して「25時間、簿記3級直前1週間の勉強法」です。
私の過去の指導経験で、直前1週間で非常に効率的に70点もの点数を上げた人がいます。
キッズBOKIでもそうでしたが、そういう指導経験を踏まえた成功法をお話しします。

①仕訳、過去門10回分を2回転してほぼ全部(50個)できるようにします。
これは、150分×2なので、5時間でできます。

できれば今日やってみてください。
何はともあれ、簿記3級はまず仕訳なのです。

②試算表(第三問)を1題選んで、3回解いて完全にマスターします。
目標は40分でできるようになってください。

これを3回転して120分です。

③精算表(第五問)の問題を1題選んで、3回解いて完全にマスターします。
これも3回で120分です。
3回でマスターできなければ4回5回と解いてください。

第三問の試算表も第五問の精算表も、いずれも40分が目標です。
ここまでで、仕訳が5時間、試算表が2時間、精算表が2時間なので合計9時間です。

あとは、過去問を4回分やって総仕上げを行います。
過去問は最低2回転します。

4回で8時間なので2回転すると16時間です。
ここまで合計25時間です。

25時間の勉強の仕方ですが、ここからが来週1週間の内訳です。
今日も入れるともっといいのですが、明日からスタートする場合でも、土日はがんばって8時間やってください。

土日で8時間ずつやって16時間稼げます。
月曜から金曜は1日2時間以上勉強しましょう。
直前は睡眠時間を削ってでもやっていいです。

2時間×5日で10時間です。
土日と合わせて合計26時間になります。

その気になればもっとできます。

月曜から金曜を3時間ずつやれば15時間取れますから、プラス5時間で30時間できます。
これで簿記3級はかなりの確率で合格しますので、ぜひがんばってみてください。

簿記3級は「仕訳」「試算表」「精算表」の順番に重要ポイントを潰して、過去問4回分を2回転することで、今から一気に70点台にいってください。

そして70点を超えたら、引き続き簿記2級以降の勉強をがんばりましょう。
私はいつもあなたの簿記検定の合格を応援しています。

それでは直前1週間、がんばって勉強してください。
ここまでご視聴いただきまして誠にありがとうございました。

【人気記事】
社会人が4ヶ月で簿記検定1級に合格した通信講座とは?
毎日更新!Youtube 簿記会計を楽しく学べる「柴チャンネル」
【無料動画講座】簿記2級短期合格勉強法
【第152回日商簿記検定試験1級・2級・3級解答速報はこちら】