【第1問】 空欄にあてはまる答として、最も適当なものを選択肢から選んでください。

毎期一定額ずつの減価償却費を計算する方法を(  )法という。
【選択肢】一定、定額、評価、減価



【第2問】 下記の仕訳を示しなさい。ただし、勘定科目は選択肢の中から最も適当なものを選ぶこととする。

葉書¥5,200と切手¥3,200を購入し、現金で支払った。
【選択肢】当座預金、現金、通信費、租税公課、旅費交通費、雑費

借方科目 金額 貸方科目 金額






答え

第1問
 定額

第2問

借方科目 金額 貸方科目 金額
通信費 8,400 現金 8,400
【人気記事】
【無料動画講座】簿記2級短期合格勉強法
【無料メール講座】柴山式簿記1級スピード合格法
【解答速報】第148回日商簿記検定試験2級・3級