今回の「前を向いて歩こう」は、気が乗らなかったりやる気が起きないときの対処法についてご提案したいと思います。

原因を考えると、気が乗らないというのは1つのことに集中できないということがあります。

色々な心配事があって脳が疲れているのです。
コーチングの世界では未解決事項といいますが、未解決事項が多いと色々と気になって脳が疲れてしまうのです。

過去や未来のことなどに囚われてしまうと、今の動作に集中できません。
こういったときに脳は疲労しやすいです。

脳が疲労したときに最も効果的なのは睡眠時間を増やすことです。
早くベッドに入って、今日終わったことは考えないようにして、明日のことについても不安にならないようにします。

「手足が暖かくなってきたな」と手足に意識を集中したり、自分の呼吸に集中したり、今の目の前の動作に集中して、今日のこと、昨日のこと、明日のことを考えすぎないことです。

考えるなら今のこの瞬間のことを考えてください。
こういった行動をとることによって脳の疲れが徐々に取れてくるのではないかと思います。

終わったことを悔やんでいる暇はありません。
目の前の1つのことに意識を集中してください。

気が乗らないときには睡眠をとることが大事です。
そして、睡眠時には呼吸に意識を集中してください。

こういった単純なことに意識を集中させるだけでも全然違います。
「睡眠時間を増やす」「今の動作に集中する」「過去と未来に囚われない」という3つを意識しながら脳の疲れを取っていけば、徐々にモチベーションが上がってくると思います。

勉強や仕事に疲れたらこのテクニックを使ってみてください。
私はいつもあなたの成功・スキルアップを心から応援しています。
ここまでご覧頂きまして誠にありがとうございました。

【人気記事】
社会人が4ヶ月で簿記検定1級に合格した通信講座とは?
毎日更新!Youtube 簿記会計を楽しく学べる「柴チャンネル」
【無料動画講座】簿記2級短期合格勉強法